貧乏ライフ

8/29スティックセニョール(茎ブロッコリー)の定植


8/29は早朝にスティックセニョールを定植しました。
嫁さんが仕事で早朝に家を空けるので
それまでに苗を植えなければいけませんが
畝の準備をしていませんでした(汗

植えたのはすっかりトウが経ってしまったリーフレタスの畝。
レタスは夏の初めにまいたからかデキがイマイチでした。

スティックセニョールは播種後90日で収穫できるハズなので
いまから定植するとだいたい10月半ばくらいから
取れ始める感じでしょうか。

詳しくはコチラ↓
サカタのタネ~茎ブロッコリー 「スティックセニョール」

発酵油かすがなくなってしまったので今回は使っていません。
去年は発酵油かすを多めに投入したら育ち良かったので
今回も使うつもりだったのですが、、、

発酵鶏糞・蛎殻・籾殻くんたんを混ぜ込んだ後、苗を定植しました。
発酵油かすは追肥で投入することにしま~す。

苗を購入したのは島忠で4株で270円でした。
去年は10株セルトレーを350円くらいで買えたのですが
今年はちょいとお高い感じですね~
(後でD2を見に行くとおなじスティックセニョールが1株58円で売っていました、、、)

IMG_20150829_063957
スティックセニョールの畝は
タマネギ→レタス→スティックセニョールという流れできています。
マルチ後3作目なので、ゴミ袋マルチはボロボロ。
マルチを長く使う予定なら、ダイソーの100円マルチをしっかり張った方がいいですね。
マルチ用のビニールを使った方が持ちは良いですから。

IMG_20150829_065059
定植後はグラスファイバーの支柱とダイソーの100円不織布でトンネルを作りました。
不織布はおそらく使い捨てになるのでもったいないですね~
あまり汚れなければ種まきのときにでもベタかけで使いますけど。

ちなみにグラスファイバーの支柱(1本80円)は耐久性が非常に高いようで
フェンスなんかの場合は20年くらいは余裕で持つようです。
普通のトンネル支柱は2年も使うと折れたりしますから
お金をかけたくないなら、こちらがオススメですね。

コストの方は、4株植えて、苗代と不織布で380円。
肥料代は4株だけなので50円もいかない感じですかね。
1株あたり100円以上かかっているので、完全に趣味の野菜ですね~
家計を助ける野菜って感じではありませんw

収穫量は大体1株あたり10~15本くらい取れるといいますが
後半まで引っ張るともっと取れるんじゃないかと思います。
ちゃんと大株に育てばですけど、、、

去年はつぼみが開く最後の最後まで収穫しつづけました。
後半になってくると茎が伸びなくなるし、
つぼみも開いてきますが、
その代わり、側枝が増えるのでちいさいブロッコリーが
たくさん取れるんですね。

1株400~500円分くらい収穫できれば嬉しいですね~
(6~7本で200円くらいですかね?)

IMG_20150829_065120
先週定植したキャベツは欠株も出ず、無事活着しました。
連日の雨で一緒にまいたクローバーもしっかり芽が出ておりました。

IMG_20150829_065128
キャベツの畝間にはトンネルがめくれると困るので
刈草や前作のトウモロコシを敷きつめています。

キャベツの方は特におかしな事にはなっていないので
一安心ですね~。早く大きくなってください。


↓ブログ村には参考になるサイトがたくさんありますYO!!
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村



新規モニター登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です